「ゴミ溜メ日誌」 第8回 思い出も捨てられます(可燃)

b0020372_14134964.jpg

[ケース8 「思い出も捨てられます(可燃)」]
【基本データ】
とき:2005/7/13 Wed 12:10pm
ところ:茨城県取手市
この日の収集:可燃
主なゴミの種類:可燃、写真アルバム

【鑑賞】
しばらくのご無沙汰です。すみませんでした。


これはとてもせつないゴミ溜めですね。発見した時はゴミの前でしばらく呆然と立ち尽くしてしまいました。
思い出だって捨てることができるんです。しかも可燃なんです。
このいろとりどりの重厚なアルバムは、一片の紙切れにすぎないイメージの数々を寄せ集め、並び替え、奉るための記憶装置です。ここにはきっと家族の成長と変遷の記録が凝縮されています。それがなぜこんなところに捨て置かれることになったのでしょうか?

一瞬この分厚いアルバムの束の一つ一つを紐解いて、出来ることならそのすべてをひきうけたい衝動に駆られました。実際手を出しかけましたが、すぐさま思い留まりました。それはおそろしく差し出がましい行為だと気がついたからです。私には他人の記憶をひきうける権利も、その度胸も、度量もないですから。
今頃はこれらの思い出の数々は焼却炉で焼かれ、煙となって天に上ったことでしょう。


【総評】
写真アルバムを家族統合の象徴と見るような写真史観からすれば、こんなふうにしてアルバムがゴミ捨て場に送られていることそれ自体が、ある家族の衰退なり崩壊の兆候として見出さずにはいられません。だから、このアルバムがなぜここに捨てられたのかに思いを致すことは、ある家族の始まりから終焉までに思いを致すことに等しいのです。
[PR]
# by kanouthegreat | 2005-08-04 14:17

新年のごあいさつ

b0020372_11241086.jpg

先年は側溝ブログに頻繁に足を運んでいただきまことにありがとうございました。
本年は内容コンテンツともにさらに充実させていきたいとおもっています。
新年の更新は、身辺の整理が一段落ついてからはじめたいと考えています。
本年もどうぞよろしくお願いします。
[PR]
# by kanouthegreat | 2005-01-01 00:00 | おしらせ

「ゴミ溜メ日誌」 第7回  歳末ビンビン物語

b0020372_1533733.jpg
(写真1)
[ケース7 「歳末ビンビン物語」]
【基本データ】
とき:2004/12/28 Tue 14:40pm
ところ:茨城県取手市
この日の収集:ビン
主なゴミの種類:ビン

【鑑賞】
我が家の鼻先にある集積所です。
さいきん空きビンの収集がビニル袋から色別のコンテナ収集に変わったのですが、ゴミ溜めファンとしては鑑賞がしやすくなりました。これはきっと内容物をよりよく魅せようとする行政側の配慮なのにちがいないですね。おおいにゴミ鑑賞せよとのお達しと理解しました。
いろとりどりのビンが家庭毎にこん然としていたビニル袋収集も、モザイク画をみるようで楽しかったのですが、こうして多様な形状のビンが色分けされ山積みされているのも、より構成的であり、また、地域の人々の無為の共同制作をみるようでなかなかよいものです。

【総評】
ワインなどの洋酒のビンがおおいことや、またシャンメリーなどの空きビンは子供のいるクリスマスの風景を髣髴とさせます。ところで、あんなにうまかったシャンメリーも大人になってのむとまずくてしようがないものですよね。
フルーツカルピスは、夏に開封されたものの、まずくて冷蔵庫の隅に追いやられていたものが、年末の大掃除にともなって処理されてきたものでしょう。
「味ぽん」の空きビンの多さは、その酸味とともに、鍋のある家族の団欒の光景を思い起こさせます。しゃぶしゃぶでしょうか?よせ鍋でしょうか?ちゃんこなんかもいいですよね。なんせここはベッドタウンですから、「味ぽん」の数だけ、甘酸っぱい家族の団欒があったと考えてよいでしょう。
また、リポDやまむしドリンク、グロンサンなどの空きビンが山積している(写真2)のをみると、この年の暮れの乾燥した空のした、僕のほかにも(ビンビンに!?)がんばっているひとがいるのだなっ!という気持ちになり、たいへん励まされるものがあります。
b0020372_1535086.jpg(写真2)
[PR]
# by kanouthegreat | 2004-12-28 15:04 | ゴミ溜メ日誌

「ゴミ溜メ日誌」 第6回  花のあるゴミ

b0020372_2122136.jpg[ケース6 「花のあるゴミ」](写真)
【基本データ】
とき:2004/10/13 Wed 15:20pm
ところ:東京都中央区
この日の収集:なし
主なゴミの種類:花卉

【鑑賞】
カメラを持ってなかったので写メです。画像が小さいですがわかりますでしょうか。画面右奥にあるのが今回のゴミ袋です。
「♪花屋の店先になーらーんだー♪」、みたまんま花屋のゴミですね。
なかにはまだ売り物になりそうな、たくさんの色とりどりの花々がつめこまれています。
玉手箱のようです。
こんなに芳しいゴミもほかにはあるまいて、と思います。

【総評】
透明のビニルに包まれることによって、ギリギリの所でゴミになることを拒否している感がありますね。やはり美しい花は捨てられつつあってもなお、気高いのでしょうか。
ただ、画面左方に見えるのは、まだ店先に並んでいた現役の商品です。この現役組と、せまいビニルに積め込まれた老兵を対比してみてみるのも、なかなかわびさびがあってよろしい。
[PR]
# by kanouthegreat | 2004-11-12 02:16 | ゴミ溜メ日誌

小企画第2弾!  「団地のココロ」

全然更新してないとお叱りをうけました。
ネタはあるのですが
物凄く忙しいのです!!

さて、
引きこもり防止のために近所の団地をよく散歩するのですが、
「ゴミ溜メ日誌」第4回「我が団地時代の終焉」にあるように、
団地性をかんじさせるエピソードにしばしば行き逢います。

今日から始まる新企画「団地のココロ」では
日本人のココロのふるさと団地の日常と出来事を
遊歩者の視線で読み解いていきます。

「団地のココロ」ケース1 『忘れられたガギ』
b0020372_1346213.jpg

『ここに「ガギ」を忘れた方 7‐7‐18「管理事務所」に預けてあります。…』

いったいだれなんでしょうね!
「ガギ」を忘れたのは!
[PR]
# by kanouthegreat | 2004-11-08 13:14 | 団地のココロ